現役ITコンサルタントがIT業界で頑張る人を応援します!

転職・就職・年収・キャリア・フリーランス活動の情報源

実録!転職した会社の仕事が合わず2週間で退職しました。

僕は20代のころに、転職した会社の仕事内容が合わずに、2週間で退職した経験があります。

小規模SIのプログラマから、会計パッケージベンダーへ転職したときのことでした。

本記事では、転職活動から退職に至るまでの経緯を記したいと思います。

転職に至るまでの経緯

転職前は小規模SIで、JAVAプログラマとしてWebアプリケーション開発に6年ほど従事していました。

プログラマとして6年も活動していると、先のキャリアを必然的に考えます。

僕は技術のスペシャリストを志すほど技術愛がありませんでしたので、業務知識を身に着け、業務系SEになる道を志すことにしました。

そこで、手軽に業務知識を身に着ける方法は何かと考え、簿記の勉強を開始しました。それしか思いつかなかったので。

日商簿記3級から勉強を開始し、紆余曲折ありながら、2年ほどで日商簿記1級に合格しました。

日商簿記1級は難関資格に位置付けられています。

そのため意気揚々と転職活動を開始しました。

このとき初めて転職エージェントを利用し、(2週間で退職することになる)会計パッケージベンダーを一番のお薦めとして紹介されました。

会計系かつ国内シェアNo1の急成長企業だったからです。

それほど業界知識のなかった私は、エージェントに薦められるがままに会計パッケージベンダーに応募。

書類選考⇒部門長面接⇒社長面接を経て、あっさりと内定が出ました。

年収は上がりませんでしたが、新しいことが学べると思い内定を受託。

その後、退職する旨を在職していた小規模SIに伝え、簿記1級まで取得するなら仕方ないよねと、その執念を認められ、温かく送り出してくれました。

そしてやる気に満ち溢れた出社初日。

この時は2週間で退職することになるなど、想像だにしていませんでした。

仕事が合わずに2週間で退職へ

入社して最初に与えられた仕事は、会計パッケージのユーザ問い合わせ対応でした。

この会計パッケージは、顧客企業の経理部が主に利用しており、数千社に導入されています。

それらの利用ユーザが、使い方がわからないときの問い合わせ対応が仕事でした。

もちろん僕も入社したばかりで、会計パッケージについては何もわかりませんので、キャッチアップが必要です。

そこで、自分で勉強するのは当然のことですが、より効果的にキャッチアップを進めるために、ユーザからの問い合わせ対応を任されたのだと思います。

ただ、僕は昔から極度の人見知りで、電話対応などの突発的な対応を求められるとパニックになります。

もともとコミュ障であることを自覚していたので、極力、人と話さないプログラマになったという経緯もあります。

前職でも会社に電話がかかってくると、できるだけ取らないように逃げていました。

それでもどうしても電話を取らないといけない状況に追い込まれたら、いつ電話がかかってくるのかと不安で不安で、仕事どころではありません。

そんな僕が電話対応をメインとする仕事ができるはずがありませんでした。

しかも問い合わせ件数が半端じゃない。残業も当たり前で、深夜23時ごろまで電話がかかってきます。

問い合わせ対応にしても、僕のキャッチアップが追い付いていないので答えられません。時には問い合わせしてきたユーザの方が詳しいくらいです。

そこで不明点を周りの先輩社員の方々に聞こうにも、忙しいのか冷たい対応。

そんな中でダメージを負っていき、2週間であっさりと限界を迎え、会社に行くのを放棄しました。

もう会社に行きたくない。

そんな思いから「退職します」というメールを一通送信して、その後、自宅に引きこもり、しばらくはパソコンも何も見ないようにしていました。

数日後、メールを確認してみると、あっさりと退職を了承。

そこには、手続きをするので会社に来てくださいと、書いてありました。

すごく嫌でしたがなんとか会社に出社し、退職手続き。この時の事務担当者の冷たい対応は今でも忘れられません。(もちろんたった2週間で退職する僕が悪いのですが。)

再転職するまで

退職後、再度エージェントに連絡。

今回の失敗談をお伝えして、会計系の中堅SIを紹介していただきました。

今までのプログラマとしての仕事の延長線上にある企業です。

この時は、2週間で退職したことはあまり問題にされず、運よく内定を獲得し、業務系システムのSE兼プログラマとして活動することになりました。

仕事内容が肌に合っていたようで、その後、7年間在籍することになります。

最終的にはPMまで勤めさせた頂きました。

短期間での転職は傷にはなるが取返しもつく

ただこのとき短期間で退職したという経歴は、今後の転職活動において傷となりました。

転職活動のたびに企業側は必ず短期間で退職した理由を聞いていますし、そのたびに合理的な理由を説明しないといけない。

理由に納得がいかず、それだけで不採用となったことも多々あります。

履歴書・職務経歴書から消そうかと何度も考えたことがあります。
(あとからバレたらいけないと思い留まり、結局は消しませんでしたが。)

ですので、できれば短期間での退職は避けた方がいいです。

とはいっても一方、あまり気にしない・理解してくれる企業があるのも事実です。

僕自身、その後3回の転職に成功しています。

体感的には60%くらいの企業が退職理由を気にされる感じでしょうか。

社内の横のつながりを大切にする日本的な企業はすごく気にされて、コンサル系など成果主義の風潮が強い企業はあまり気にされないイメージです。

とはいえ、本当に仕事が辛い場合は先の事まで考えられないと思います。

その場合は、自分に合わない仕事を無理して続けて心を壊すよりは、早めにリタイアすることも大切です。

退職の傷は取り返しがついても、心の傷は取り返しがつきませんので。

最後にご紹介

IT・業界の転職・キャリア相談や仕事上における悩みなど
なんでも話を聞くサービスを行っております。

よろしければお使いください。↓↓↓

coconala.com