現役ITコンサルタントがIT業界で頑張る人を応援します!

転職・就職・年収・キャリア・フリーランス活動の情報源

業務委託契約が終了!フリーランスが自ら契約終了に至る理由。

筆者はフリーランスのITコンサルタントとして活動しており、大手コンサルティング会社様と業務委託契約を結んで仕事をしておりますが、次の契約更新時に今後の契約は延長せずに、終了させていただくことにしました。

※このプロジェクトでは約1年間お世話になりました。

本記事では、契約終了に至った理由から、今後どうしていきたいと考えているかを記載します。

※全部読むのが面倒な方は赤字の部分だけお読みください。

契約終了を決断した3つの主な理由

現在参画中の案件は、非常に良好なプロジェクトです。

リモートワークで、残業もなくて、人間関係も良好で、単価も良い、という優良プロジェクトです。しかも、お客様も強く契約延長を希望されておりましたが、筆者個人の意思で、契約終了の決断に至りました。その理由は以下になります。

  • プロジェクトが安定しており、運用フェーズに入ってきた
  • もともと得意な業務領域ではなかった
  • 平日5日間で1日8時間拘束される

1点目に関しては、運用も安定してきて、障害も少なくなってきて、小規模な機能改修ばかりで、筆者の出番が少なくなってきたというのが理由です。新規プロジェクトで、上流フェーズから関わりたいという思いが強くあります。

2点目に関しては、筆者の得意な業務領域ではなかったため、お客様の業務部門に対する積極的な提案や対等な会話が出来ず、自分の価値を100%提供できなかったというのが要因です。業務知識が不足していると、どうしても後手に回ってしまう(お客様の言う事を理解して、指示された通りに作ることがメインになる)のです。

ではなぜこの案件に参画したのかというと、高単価だったという事と、大手コンサル会社様の印象が非常に良かったという経緯があります。

ですが1年近く経つと、やっぱり面白くないなという気持ちが強くなってしまいまいた。

そして、3点目がこのブログのメインです。特に思うところがあるので、掘り下げたいと思います。

平日5日間で1日8時間拘束されたら正社員と変わらないのでは

このプロジェクトの契約で定められた勤務時間は、平日5日間で9:00~18:00でした。そして、前々から感じてはいたのですが、これだと正社員の時と働き方がなんら変わらない、なという気持ちです。

せっかく正社員を辞めてフリーランスになったのに、平日の決まった8時間を仕事に拘束されていることに馬鹿らしくなりました。

仕事が忙しい時ならまだいいですが、暇なときでも、毎日8時間はパソコンの前で待機していないといけない(すぐにチャットに反応する必要があるためです)。これが苦痛でたまりませんでした

せっかくフリーランスになったのだからもっと自由に働きたい。そう思って、契約終了を決断しました。

そもそも業務委託契約で働く時間を拘束する権利があるのか?この辺りが正直謎です。ネットで調べてもいまいちわからないので、もし詳しい方がいたら是非教えていただきたいです。

低稼働案件の掛け持ちで自由な働き方を目指す

今後は、短時間で時間を拘束されない案件(低稼働案件)を複数掛け持ちしていきたいと考えています。

このメリットは以下にあると考えています。

  • 短時間案件は隙間時間に仕事をする前提なので、好きな時間に仕事をできる
  • 複数案件を掛け持ちするので飽きない
  • 案件が突然契約終了になった際のリスク分散になる

しかしデメリットもあると考えています。以下です。

  • 複数案件の単価を合計しても、100%稼働の高単価案件と比較して収入が低い
  • 複数案件掛け持ちするので、頭が混乱する可能性がある
  • 短時間案件の絶対数が少ない。

とくにデメリットの3点目が大きく、案件がなかなか見つかりませんでした。100%稼働案件なら、いつも10件近く紹介してくれるエージェントでも、低稼働案件となるとほとんど案件がないようです。

現在の状況(9月末時点)

結論から申しますと、10月から低稼働案件を4案件掛け持ちすることになりました。どの案件も働く場所や時間は自由なので、当初の目的は達成できたと思います。単価についても、4案件合計で、高単価案件と同等程度なので、まずは一安心です。

あとは10月に入って筆者が全案件を高パフォーマンスで回せるかどうかでしょうか。

低稼働の4案件を見つけるまでには、紆余曲折あったので、その経緯については別記事で詳細に記載したと思います。参考までに案件概要だけ記載できればと思います。

【案件①】
案件名:大手小売業の予算管理システム導入支援 ※事業会社直案件
時間:週4時間(月16時間)

【案件②】
案件名:大手小売業の人事システム導入支援 ※事業会社直案件
時間:週10時間(月40時間)

【案件③】
案件名:大手物流業のDX推進支援 ※コンサル会社案件
時間:週10時間(月40時間)

【案件④】
案件名:大手飲食業の基幹システムリプレース支援 ※コンサル会社案件
時間:週20時間(月80時間)

最後にご紹介

IT・業界の転職・キャリア相談や仕事上における悩みなど
なんでも話を聞くサービスを行っております。

よろしければお使いください。↓↓↓

coconala.com