現役ITコンサルタントがIT業界で頑張る人を応援します!

転職・就職・年収・キャリア・フリーランス活動の情報源

パラレルワーク(複業)を試み中。今の働き方がちょうど良いけど収入が足りない

勤務時間の拘束から解放を目指して、現在パラレルワーク(複業)に挑戦中です。この記事では、パラレルワークを志して約2ケ月時点の経過をお伝えしたいと思います。

筆者がパラレルワーク(複業)を志した経緯はこちら↓↓↓
副業案件だけで生活できるか。パラレルワーク(複業)への試み。

現在の状況まとめ

現在は2案件に参画しており、労働時間や働き方などはちょうど良いと感じていますが、肝心の収入が足りません。今は貯蓄を切り崩しているので、早めに案件を探す必要がありますが、なかなか希望に合う案件が見つからないのが現状です。

参画中の案件情報

現在参画中の案件情報は以下の通りです。

【案件①】
業務内容:小売業向け経理業務効率化支援
労働時間:1日2時間(月40時間)
勤務場所:リモート

【案件②】
業務内容:食品業向けDX化支援
労働時間:1日2時間(月40時間)
勤務場所:リモート

労働時間など働き方スケジュール

現在の一日の大まかなスケジュールは以下の通りです。平日のみ稼働で、土日祝はお休みです。

【平日のスケジュール】
AM5:00~6:00:案件Aの個人ワーク(技術調査や資料作成や成果物レビューなど)
AM6:00~9:00:朝食や家事全般
AM9:00~11:00:案件Bの個人ワーク(技術調査や資料作成や成果物レビューなど)
AM11:00~15:00:昼食、昼寝、筋トレ、ゲーム、読書、テレビなど
PM15:00~16:00:案件Aの会議(毎日)
PM16:00~18:00:散歩、ボーっとする
PM18:00~:夕食や風呂やテレビなど

赤字が仕事をしている時間です。基本は、午前は個人ワーク、午後は会議と決めていて、会議についてはイレギュラーで追加されることもあります。

筆者としてはこれくらいのスケジュール感が、肉体的にも精神的にも健康上よいと感じておりますが、いかんせん収入が足りません。あと2時間くらいは、仕事の時間を増やす必要がありそうです。

複数案件の掛け持ちは思ったより大変

当たり前と言えば当たり前の話ですが、複数案件を掛け持ちすることは、思考面で大変です。全然違う仕事内容や役割を都度、頭を切り替えながら仕事をする必要があります。筆者の感覚ですと3つでも大変で、4つはまず不可能です。

収入が足りないので、追加で案件を探さないといけないのですが、3つ目の案件として、新たな案件を探して、新たな顧客と仕事を始めるのは、想像しただけでしんどいです。

なぜなら新規顧客というのは、一から信頼関係を構築する必要があり、信頼関係を構築するためには、多くの時間とリソースと精神力を投入する必要があります。現状2案件を掛け持ちしながら、そこまでのパワーをかけられるかというと正直あまり自信がないですね。

上記の理由で、できれば今ある2案件を拡大するか、もしくは既存顧客から案件を頂くかという方向で考えていきたいのですが、こればかりは顧客の状況次第なので、筆者としてはしばらくはじっと我慢です。

副業案件は見つかるのか?

では、そもそも副業案件というのは見つかるのか?ここ1カ月ほど案件探しを継続してみた結果を記載します。

私は大きく2つの方法で案件を探しています。「CrowdLinks」など副業案件を掲載しているサイトを利用する方法と、フリーランスエージェントに低稼働案件を探してもらう方法です。

前者の副業案件掲載サイトについては、筆者の職種と単価が要因なのですが、適切な案件があまり無い印象です。希望する業務内容(PMや業務改善など)がそもそも少ないことと、たまに業務内容的には希望と一致する案件があっても、単価(時給)面で折り合いがつかないことが多いです。

後者のフリーランスエージェントについては、圧倒的に低稼働案件の数が少ないです。先月は稼働率50%から可能という案件を4件ほどご紹介いただけました。

ですが、応募しても、なんだかんだのうちに稼働率が高い人の方が良いという理由で、受注まで至らないケースが多いです。

そのうちの一つは50%稼働で運よくオファーを頂くことができたのですが、どう考えても50%稼働でできる仕事とは思えなかったので、筆者の方からお断りさせていただきました。

最後にご紹介

IT・業界の転職・キャリア相談や仕事上における悩みなど
なんでも話を聞くサービスを行っております。

よろしければお使いください。↓↓↓