現役ITコンサルタントがIT業界で頑張る人を応援します!

転職・就職・年収・キャリア・フリーランス活動の情報源

IT業界で40代からフリーランスとして活躍するために必要なスキルとは?

IT業界で40代からフリーランスとして活躍することは可能なのでしょうか。

本記事では、IT業界において40代で現役フリーランスとして活動している筆者の経験から考察した、必要なスキルを記載します。

フリーランスを検討しているけど年齢で迷っている人、今は若いけど将来の独立を考えている人は、是非参考にしてください。

40代になるとエンジニア案件は大幅に減る

40代以降になるとプログラマやシステムエンジニアなど、個人スキルを提供するエンジニア系の案件は大幅に減ります。

理由としては2つあります。

  • 最新の技術へのアップデートが追い付いていない
  • プロジェクトの年齢が若い

前者については、特に何十年も同じ技術を使っていた方は、最新の技術へアップデートできていない可能性が高いです。努力を怠らず、常に最新の技術を取り入れる気力が必要です。

一方、後者については、40代ともなるとプロジェクトリーダーが自分より若い可能性があります。そのような若いリーダーは、年上のメンバーを避けたがります。

理由はめんどくさいから。年上の立場から、ついつい自分より若いリーダーの至らぬ点について、助言や指摘をしがちです。

ですが、こういう助言や指摘が若手リーダーからみるとめんどくさい。

自分が年上だからと言って驕るのではなく、謙虚な気持ちで1メンバーとして活動することが大事になってきます。

一方、マネジメント案件やコンサル案件は豊富にある

一方、プロジェクトマネージャーや業務構想からのコンサル案件などは、40代であっても豊富にあります。

理由はIT業界全体において、これらの案件をこなせるスキルを持っている人が少ないから。

例えばプロジェクトマネージャーなどは、普通は正社員がやるべき仕事だと思いますが、フリーランスに依頼が来るくらい人が足りてないのです。中にはプロジェクトマネージャーとして、正社員とフリーランスの両方を同時に募集している企業もあります。

僕も7月から次の案件を探していますが、色々な案件の紹介が来ています。どういうものか抜粋しますと、

  • ERPパッケージ導入支援
  • 基幹システムリプレース構想支援
  • 現行システム機能精査支援
  • 小売業基幹システム開発PM支援
  • 大手基幹システム試験統制PMO

などです。

40代から案件を獲得するための必要なスキルは?

40代から案件を獲得するためには、以下3つのスキルをバランス良く獲得する必要があります。

システム構築スキル

1点目は、システムがどのように作られるか、システム構築の全工程(要件定義/設計/プログラミング/各種テスト/移行)に熟知していることです。時間さえあれば、全工程の作業を自分一人でこなせるくらい、各スキルに習熟していることが望ましいです。

この場合、どの技術に習熟しているかはあまり問題になりません。自分が習熟している技術をベースに汎用的に応用できれば、どのプロジェクトでも通用します。

僕の例で恐縮ですが、数十年間ずっとJAVAのみをやっていましたが、直近参画したSalesForceを使った構築案件でも十分に通用しました。

それは細かな言語の書き方は違うかもしれませんが、Webアプリケーションの仕組みやシステム設計やテストの考え方など、本質にあたる部分はどの言語でも変わらないからです。

むしろ本質を理解しているからこそ、SalesForceの表面的な実装方法しか知らない若手技術者に指導することもできました。

プロジェクトマネジメント

2点目はプロジェクトマネジメントです。

システム構築を行うために、どのような成果物とタスクが必要かを把握しており、それらをプロジェクトの特性に合わせて、柔軟に定義できる力が必要です。

また、プロジェクト計画や課題やリスクなど、顧客・上司・メンバーに対して見える化、説明、合意形成する力が必要となります。

プロジェクトがスムーズに進むかどうかは、ひとえにプロジェクト開始段階であるプロジェクト計画に大きく左右されるので、緻密かつ詳細な計画を立てられるマネージャーは非常に重宝されます。

業務構想からのシステム構想策定スキル

先の2点は、決められたシステムをいかに構築するかという観点で必要なスキルです。

一方、3点目の業務構想からのシステム構想策定スキルというのは、どのようなシステムを作るかを構想するためのスキルです。

そのためにはユーザの業務を熟知している必要があります。

なぜならユーザの業務を変革することが目的であり、業務を変革するためには、ユーザ業務へ熟知することと、システム構築の知見の両方が必要なためです。

また、今は存在していない目に見えない業務/システムに対して、関係者と合意形成を図っていく必要があるため、分かり易いパワポを作成して説明するなど、コンサル的なスキルが必要にもなります。

どうすればこれらのスキルを身に着けることが出来るのか?

これらのスキルは一朝一夕で身につくものではありません。20代のころから計画的にスキルを身に着けていく必要があります。

また初めからフリーランスでこれらのスキルを身に着けていくのは困難かと思います。

最初は正社員として活動し、計画的に転職を繰り返しながら、スキルを身に着ける必要があります。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。↓↓↓

IT業界のフリーランスで単価100万円以上を稼ぐ方法。正社員からフリーランスへ。 - 現役ITコンサルタントがIT業界で頑張る人を応援します!

最後にご紹介

IT・業界の転職・キャリア相談や仕事上における悩みなど
なんでも話を聞くサービスを行っております。

よろしければお使いください。↓↓↓